TURBOdesign Optima

Optimaと逆解法設計の直接連携

TURBOdesign1とMOGAを用いてTURBOdesign Optimaと連携することは、ターボ機械設計における設計点での高速多目的最適化の理想的なプロセスです。

直接連携するメリット

トレードオフの関係にある複数の設計要件を評価するために高速に効果的な大規模の設計空間を探索することができます。

AnyConv.com__TURBOdesign Optima Workflow_Japanese

MOGAとTURBOdesign1の連携

TURBOdesign Optima Workflow 1を使用すると、NSGA-II 多目的遺伝的アルゴリズム(MOGA)とTURBOdesign1との直接連携が即座に可能となり、ターボ機械の設計点における迅速な多目的最適化を実現できます。

このアプローチでは、3次元逆解法設計の主要な特徴を活用して設計空間を探索し、迅速に設計者にパレートフロントを生成し提供します。

AnyConv.com__Mousemat cropped layout

TURBOdesign1が生成する形状・応力・空気力学関連パラメータ

空気力学:拡散比、エンドウォールロス、プロファイルロス、チップクリアランス流れ、二次流れ形状:リーン角、スロート面積、入口・出口角度、スタッキング角度、翼断面積、ブレード体積応力:遠心応力、曲げ応力係数

AnyConv.com__3D_inverse

設計空間を探索

このアプローチでは、3次元逆解法設計の主要な特徴を活用して設計空間を探索し、迅速に設計者にパレートフロントを生成し提供します。

AnyConv.com__Andritz_CFD_model_compressed

主なメリット

翼の仕事量はCFD計算による確認を必要とせず、すべての設計で自動的に満たされます。設計に必要なTURBOdesign1の計算時間は通常、数秒程度です。これにより、通常のワークステーションによる計算でも、明確に示されたパレートフロントを1時間未満で生成できます。

TURBOdesign Optimaによれば、ターボ機械の設計最適化プロセスにおいて制約条件や設計目標として使用できる、多くの形状/機械構造パラメーターを直接制御することができます。

事例

 

あなたのニーズに合ったデモを予約する
デモンストレーションの予約